花粉症は、またの名を都会病といい、地方から上京した人がかかってしまうことが多いようです。
花粉症になること、極力避けて予防したいものです。
これから花粉症予防と対策についてご説明します。

スポンサードリンク

花粉症予防

花粉症予防は、まず花粉症に良くないものを認識することから始めていきましょう。
鼻の粘膜を刺激することを控え、予防に努めていきませんか。

花の粘膜が刺激されるもので代表的なのは、タバコです。

喫煙は、健康に対して百害あって一利なしということは知られていますが、もし花粉症になりかけていたら、鼻の粘膜が通常以上に敏感さが増していますから、予防どころかタバコの煙で刺激し、悪化させてしまいます。

鼻の粘膜を刺激する別の要因として、アルコールやコショウ・唐辛子などといった強い刺激の香辛料を大量に食べることがあげられます。

花粉症の症状に対して、反対に良いとされていることは、カルシウムの摂取があります。

カルシウムが、いくら花粉症に良いからといって、サプリメントなどで必要以上に補わなくて大丈夫です。

カルシウムの適量は、一般的な食事から摂取できる量で十分な程度ですから、神経質にならず食事をきちんと摂ることです。

花粉症を悪化させてしまう原因の1つに、ヒスタミン成分を含有する食品の摂取があります。

ヒスタミンといってもピンとこないかもしれませんが、ヒスタミンが入っている食べ物には、ナスやホウレン草、トマトなどがあげられます。

花粉症を酷くしない方法は、食事の栄養バランスを考え、刺激物の過剰摂取に気を付けることが重要です。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

花粉症対策と予防:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.df93.com/kafunsho/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。