子宮筋腫 筋層内筋腫,漿膜下筋腫,粘膜下筋腫

子宮筋腫には、発症する箇所によって、3種類に分かれています。
「筋層内筋腫」「漿膜下筋腫」「粘膜下筋腫」があり、現在この順番は、子宮筋腫の多い順でもあります。

スポンサードリンク

子宮筋腫ができる場所は、子宮体部に95%、残りは子宮頸部にできます。

「筋層内筋腫」は、子宮の筋肉の中にできます。
不妊症の原因となったり、卵管が圧迫されるのは、筋層内筋腫が子宮の内部をのばすように大きくなっていったことによるものです。
月経の血の量が増加し、痛みや貧血などの症状がみられます。

「漿膜下筋腫」は、子宮の外に向かって成長する筋腫で、子宮表面に現れます。
腹の上から触ってもわかるほど、漿膜下筋腫が大きくなるケースもあります。
症状は比較的少なく済むのですが、発見されにくいということでもあるので、大きくなってからやっと病院に行くという患者さんが多いようです。

月経の痛みが悪化したり、ひどくなると腰痛の引き金にもなります。
漿膜下筋腫が成長すれば、近くの臓器を圧迫してしまうので、頻尿や尿閉、便秘などといった病気にもなっていきます。

「粘膜下筋腫」は、漿膜下筋腫とは反対に、子宮内部に向かって育つ筋腫です。
貧血や月経痛の悪化、月経の血の量の増加、流産や不妊症にもなりえます。
粘膜下筋腫が膣の方へと成長していくと、おりものが増えたり、月経の時期でなくても、出血が止まらないといった症状があります。

子宮筋腫の痛みやこれまでにない異変、症状があったら、早めに病院に行きましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子宮筋腫の特徴
子宮筋腫の発症する年齢は、近年若年化しており、早ければ20才代で見つかっています......
子宮筋腫薬物療法 ホルモン療法と対症療法
子宮筋腫との診断を受けると、症状によりますが、普通に生活が送れるようであれば、手......
子宮筋腫手術 筋腫核手術と子宮全摘出手術
子宮筋腫には、「筋腫核手術」と「子宮全摘出手術」の2通りがあります。 「筋腫核手......
子宮筋腫診断の流れ
子宮筋腫の可能性を感じたら、病院の産婦人科、もしくは婦人科を訪れましょう。 検査......
子宮筋腫の症状を軽減
子宮筋腫になっても、できた箇所や大きさなどによって、普通の日常生活が送れたりしま......
子宮筋腫がもたらす不妊
子宮筋腫のできる場所や大きさによって、さまざまな症状がみられます。 腫瘍のサイズ......
子宮筋腫の原因
子宮筋腫ができる原因については、いまだ結論に達しておらず、推論の域を脱しません。......
子宮筋腫と過多月経
子宮筋腫は、できる場所や大きさが人によってまちまちなので、一概に治療法や症状を限......
子宮筋腫にホルモン治療
子宮筋腫に、「ホルモン治療」という薬物を用いた対処法があります。 ホルモン治療に......
子宮筋腫発見後の検診
子宮筋腫が発見されても、特に症状がなかったり、大きくなければ、特に治療をほどこす......
子宮筋腫の3つの種類
子宮筋腫には、まず全体の95%が子宮体部に発症する「体部筋腫」で、残りの5%が子......
子宮筋腫に漢方薬
子宮筋腫には、西洋医学的な見地からの対処法に注目が集まりがちですが、中国の伝統医......
子宮筋腫による子宮摘出
子宮筋腫ができたことによって、腫瘍の摘出手術を行う場合は、2種類のやり方がありま......
子宮筋腫が再発する可能性
子宮筋腫を手術する場合は、腫瘍だけを切除するやり方と、子宮全部を摘出する手術の2......
内視鏡で子宮筋腫手術
子宮筋腫の対処を手術で行う場合に、最近では内視鏡による手術ができるようになりまし......
子宮筋腫が妊娠に及ぼす影響
妊娠をしている女性の中で、子宮筋腫があると分かった方でも、無事に出産している方が......
子宮筋腫対策にストレス解消
子宮筋腫の原因は、まだ断定ができていません。 食生活や生活習慣を改善していくこと......
子宮筋腫の子宮動脈塞栓術治療
子宮筋腫の治療法に、「子宮動脈塞栓術」というものがあります。 子宮動脈塞栓術のメ......

▲このページのトップへ