子宮筋腫にかかっている成人女性は、かなり多いということです。
子宮筋腫は良性の腫瘍であり、大きさや発症する場所によっても、症状が異なるため、発見しにくい病気といえます。
妊娠検査や、婦人科検診などの際に、偶然見つけられるというケースが多いとのことです。
日常生活に支障がなければ、死ぬまでそのまま治療をしなくても大丈夫な病気なのですが、もし子宮筋腫の症状が出るとしたら、どのようなものなのでしょうか。

スポンサードリンク

子宮筋腫の症状

月経に関する症状があり、期間が以前より長くなったり、経血の量が増加したり、不正性器出血などがあります。

月経痛、顔色が悪くなる、めまい、息切れ、貧血の悪化などの症状も、あるということです。

臓器が、子宮筋腫が膨らんでいくことで圧迫されるというケースもあります。
子宮の近くにある臓器が影響を受けやすいことから、膀胱が押されて頻尿を引き起こすことがあります。

子宮筋腫がより進むと、大腸にまでせまって、便秘症を誘発します。

腫瘍のできる場所によっては、卵管を通過する精子のさまたげとなってしまったり、受精卵が着床する邪魔になったりして、不妊症の要因となります。

子宮筋腫ができていない妊婦さんと比較して、早産や流産の確率が高まるということもいわれています。

子宮筋腫の稀なケースに、腹膜炎などの合併症を引き起こす症状もあります。
病院で健診の際に子宮筋腫が見つかったら、その後の不調は安易にとらえず、異変があったら医師に診てもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

子宮筋腫 症状と手術:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.df93.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。